馬渕 貴弘(マブチ タカヒロ)

カネ井青果(本社) 野菜部
入社年月:平成22年4月 岐阜県出身

Q.仕事内容を教えてください

私は主に品目担当者として豆類全般を担当しており、産地や市場から出荷される商品をスーパーや八百屋さんなどお客様にご提案および販売をする業務に携わっています。仕入、販売だけに限らず商品管理から配達など多岐にわたる業務も行っています。

Q.仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?

自分の思い入れのある商品が作れたときや多くの商品を動かしたときなどに喜びや楽しみが感じられます。
また、さまざまな人と繋がりを持つことで自分に多くの人脈ができ、頼り頼られての関係を築いていけることで「人」での繋がりを実感できたときが「やってきてよかった」と思える瞬間です。

Q.カネ井青果に入社を決めたポイントは?

入社当初、自社農場を持っている企業が少なく、先を見ている企業だなと思ったところと、農業自体に興味があったところからカネ井青果に入社を決めました。

Q.入社してから分かったカネ井青果の良いところは?

「福利厚生」と口で言うのは簡単ですが、世間の実態としては「活用できていない」「活用しづらい」と聞くことが多いです。その点、カネ井青果では連続休暇も社員同士で相談して自由にとれる流れもできてきていますし、営業担当に関しては一人一人に個室の休憩室があります。とても働く環境の良い会社だと思いました。

Q.私から見て、こんな後輩と一緒に働きたいポイントは?

私が社会人になって思ったことは、何にでも興味や関心を持って「聞く」ことができることがとても重要だと思いました。その環境が整っていることが重要ではあると思いますが、まずは自分から積極的に聞いていくことで、必ず答えを返してもらえる人間関係になっていくはずです。その先には仕事で行き詰まったときや悩んだときに何でも相談できるような人間関係が構築されて、先輩としても後輩から学ぶ部分が多く出てくると思います。私たちと共に成長していきたい!と思ってくれる後輩と一緒に働きたいです。